格安simは実際に使ってどうなのか?デメリットとメリット

Posted by:d6HAayEY4fW5 Posted on:1月 31,2017

格安simをスマートフォンで有意義に利用していただくために、格安simについて知らなければならないことは、格安simのデメリットです。

格安simのデメリットについて知る

格安simのデメリットでまずお話ししたいことは、 格安simを利用することで、携帯各社の豊富な付加サービスがなくなってしまうことです。そんな問題は別に大したことないという気持ちなら、格安simを利用することをおすすめしたいですね。みなさんは、今、当たり前に、@docomo.ne.jpなどのメールアドレスを利用しているかもしれませんが、そのようなものを使用出来なくなってしまうことになります。今まで、店頭でのトラブルサポートを受けていたとすれば、そのようなものも格安simでは受けることが出来なくなってしまうことになります。

だから、格安simを使用しないようにしましょうということではなくて、そのようなデメリットを知って、格安simを使用するべき人たちに、安心して格安simを使用していただきたいのです。格安simをただ安いからと言って購入してしまった後では、全く取りかえしのつかない問題だからです。

更に、格安simのデメリットについてお話ししておきましょう。携帯各社公式のメールアドレスが使えないというのもデメリットですし、通信速度が遅くなる場合がある、 音声通話やSMSができないものが多いというのもデメリットです。公衆Wifiが使えない場合もあるかもしれませんし、携帯各社による端末代金の割引が受けられないというのも格安simの抱えてるデメリットです。

セキュリティ対策を自分で行う必要がある、テザリングが使えない場合もある、携帯各社独自のサービスが利用できない、店頭でのサポートが受けにくい、 利用できる端末が限られる、初期設定が少しだけ必要(APNの設定)などなどそのような問題に、あなたは耐えることが出来るでしょうか。

今更ながら格安simの魅力とは……

格安simのデメリットを知った上で、今更ながら格安simのメリットを追求したいと思います。最近では、MVNOという言葉や、格安simという言葉が日常茶飯事に使用される言葉になって来ました。simロック解除の義務化から、MVNO、格安simという言葉が頻繁に聞かれるようになって来ました。メディアで盛り上がれば、一緒になって盛り上がりましょうということではありませんが、多くの人たちが、MVNOとは何? 格安simとは何……?という関心を持つようになって来ました。それは、メディアの取り上げられ方は、格安スマートフォンが視点になっていることが多く、MVNO、格安simという概念がいささかぼやけているような感じもあるからです。

格安simとは、MVNO 業者が存在し、出しているいわゆる 通信料がお安い回線契約を提供していることを言います。スマートフォンが安いから格安スマートフォンというのとはちょっとズレた視点のお話しなのです。つまり、変な安いSIMフリースマートフォンというものを買わないでも、iPhone だって 、Xperia だって Galaxy だって格安simなら使用出来てしまうのです。

わざわざ格安スマートフォンを購入して、格安simをしなければならないというモチベーションではなくて、docomoのスマートフォンでも、スマートフォンを持っていれば、それを使用して、格安simとして使用出来るということです。格安simのほとんどは、docomoのMVNOということで、docomoユーザーであれば、そのままおおかたスマートフォンは使用出来るはずです。

ちゃちっぽいsimフリースマートフォンなんかよりも、 中古の docomo の iPhoneの方が全然いいではありませんか。いわゆる “白ロム”に挑戦すれば、いろいろなスマートフォンを購入することが出来ます。Amazon や 楽天市場 でも、ヤフオクでも自由にスマートフォンを購入することが出来ます。simフリー版 でなく、docomo 版 という場合、テザリングできないという話しもありますが、iPhoneの場合、問題なく使用することが出来ましたしてiPhoneの場合、 難しい APN設定などせずとも、上記リンクの中にある「プロファイル」をインストールするだけですぐに使用することが出来ます。

iPhoneばかりおすすめというのも、あまり良くないのかもしれませんが、 docomo 版の iPhone にしておけば、取り敢えず、格安simにより安心感を求めることが出来ます。ちなみに、やっぱり格安simの魅力も料金だと思うのです。どの程度、格安simを使用することで、お得体験が出来るというのでしょうか。

以前、SoftBank 版の iPhone でデータ容量 10GBだったという場合では、2,700円 + 300円 + 9,500円 = 12,500円という高いお金を毎月支払いしていかなければならなかったのです。しかし、格安simの場合、 私の使用している格安simは、IIJmio の みおふぉんですが、IIJmio の みおふぉんの場合、 2,560円 + 700円 = 3,260円程度なのです。料金は 約 1/4 程度になっており衝撃のランニングコストになっているのは間違いありません。

simカードでお悩みなら→格安sim iphone


d6HAayEY4fW5

No description.Please update your profile.